ブログ関連

【ブログ初心者向け】エックスサーバーだとSSL化の設定が無料で簡単です。

今回はブログをこれから作る人、エックスサーバーでブログを立ち上げたけどSSL化してない人向けの記事です。

ブログ初心者でも真似すればそのままSSL化を簡単に出来るような記事にしたのでまだの方は設定しましょう。

他のサーバーならお金が掛かる所をエックスサーバーならSSL化は簡単で無料です。

このブログもエックスサーバーを使い無料で簡単にSSL化出来ました。

SSL化とは?

SSLとはSecure Sockets Layerの略でインターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組みです。
これをする事によりサーバとPC間での通信を安全に行なうことが出来ます。

SSL化するとアドレスがhttp://→https://に代わります。

SSL化する意味

ブログ初心者も一応覚えておいた方がいいので簡単にSSL化のメリットを説明します。

■検索順位が有利になりやすい
グーグル自体がその様に発表しています。
同じ評価で並んだのならばSSL化しているサイトとSSL化してないサイトではSSL化しているサイトの方を評価します。

■訪問者を安心させる
2018年7月からGoogle ChromeではSSL化してないサイトだとこの様に「保護されてない通信」と出ます。

※違うブログなのでモザイク加工処理しました。
SSL化したサイトだと鍵マークが付きます。

ブログやサイトに来た人がアドレスの横に保護されてないとか書かれていたらすぐページを閉じてしまう可能性があるのでSSL化はしましょう。

ブログをこれから作る人

まだブログを作ってない人はエックスサーバーでサーバーを借りてお名前コムで独自ドメインを取ってきましょう。

エックスサーバーでブログを立ち上げたけどSSL化してない人

記事数がある程度ある人はSSL化した後に設定すべき項目が何点かあるのでSSL化したらチェックしておきましょう。
・ブログ内にあるリンクの置き換え(httpをhttpsに置き換え)
Search Regexと言うプラグインで一括で入れ替えられます。
・Google Analyticsに登録してあるURLの変更
・Google Search Console 再登録

エックスサーバーでSSL化する方法

1エックスサーバーへ飛んでください。

2、右上のログインの所へカーソルを動かすと下記の様に4種類出てくるのでサーバーパネルをクリックしてログインしてください。
※ここでインフォパネルに間違えてログインする人がいるので注意

3、アカウントを開設した時にメールで届く『【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ』に記載されている▼サーバーアカウント情報のサーバーIDとパスワードを入れます。
※間違えて▼ユーザーアカウント情報に記載されているIDとパスワードでログインしようとしてログイン出来ない人が居るので注意

4サーバーパネルのドメインの所のSSL設定を開きます。

5、開いたら管理しているドメイン名が出ますのでSSL化したいサイトの横の「選択する」をクリック

6、SSL設定画面に切り替わります。①独自SSL設定追加のタブをクリック→②追加をクリック

7、少し待つと独自SSL設定の追加が完了します。

8SSL設定の一覧をクリックしてSSL用アドレスが設定出来てるか確認する。
反映完了まで意外と時間が掛かるので焦らず反映されるまで少し休憩しましょう。

9、最後に自分のサイトのURLがhttps://~自分のアドレスで表示されるか確認。

http→httpsに飛ばす設定(.htaccessの編集)

SSL化する前のアドレスhttp://あなたのブログのアドレスからhttps://あなたのブログのアドレスに飛ばす設定をします。

https://~のURLに転送する為に.htaccessの編集します。

編集と言ってもコピペするだけなので簡単ですが.htaccess内のコードを間違えて書いてしまった時の為に.htaccessのバックアップしておくと安心です。

これで万が一.htaccess内を間違えて保存してしまった場合は.htaccessのバックアップを貼り付けて保存すれば元に戻ります。

.htaccess内のコードをメモ帳に全文をコピーするだけでOKです。
1..htaccessをクリック→先程SSL化したサイトの右の選択するをクリック

2.htaccessの編集のタブを押すと切り替わります。
切り替わったらノイズの覆われている部分が出てくるのでそこの上に画像と同じ様に今から教えるコードをコピーして貼るだけです。

コードはこれです。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [L,R=301]
</IfModule>

上の5行のコードをコピーして上部(ノイズの覆われている部分の上)に貼り付けるだけです。

コードを貼ったら下の方にある【.htaccessを編集する(確認)】のボタンを押したら設定完了です。

http://あなたのアドレスにアクセスしてhttps://あなたのアドレスに飛ぶようになります。

ワードプレスのURL変更

最後にワードプレスのURL変更です。ワードプレスにログインします。
①設定→②一般をクリック

WordPress アドレス (URL)とサイトアドレス (URL)の二箇所に新しくSSL化したhttps://あなたのアドレスを貼り付けて変更を保存を押したら完了です。

※アドレスを間違わない様にしましよう。

お疲れさまでした。

エックスサーバーでSSL化が無料で簡単に出来るは如何だったでしょうか?

こんなにも簡単に無料でSSL化が出来るエックスサーバーは本当に最高です。

ブログ初心者のうちはこう言う細かい設定に時間を掛けるより記事を沢山書きたいと思うので楽にSSL化の設定が出来るエックスサーバーをおすすめします。




エックスサーバー(10日間無料体験出来ます)

動画・漫画大好きな人向け

スポンサーリンク