ブログ関連

【2019年】『グーグルアドセンス何ていらんわ!成果報酬型の広告で稼ぐ』と息巻いていたら審査に通過した話

今回はグーグルアドセンスの審査に通過した話を書きたいと思います。

ブロガーと言えばグーグルアドセンスの審査に合格する事がはじめの一歩で今のグーグルアドセンスは審査が厳しく中々通らないと嘆いてる方が多いかと思います。

私もその一人でしたが3回目に落ちた時に『グーグルアドセンス何ていらんわ!成果報酬型の広告でアドセンスを超えてやる』と息まいて

しばらくしてから何気なく送った4回目の申請で受かり、『グーグル様、ありがとうございます』と掌を返しグーグルに感謝をしつつこうして記事を書いています。

私のブログではブログ運営について書く予定はなかったのですがグーグルアドセンスに受からなくて『グーグルアドセンス 受からない』『グーグルアドセンスに合格するには』『グーグルアドセンス 合格』などでググっていた私みたいにこの記事に辿り着いた時に少しでも参考になればいいと思い書く事にしました。

私も先人の方々のグーグルアドセンスの審査に通過する為の押さえておきたいポイントなどは参考になったので私の記事も少しでも参考になれば幸いです。

グーグルアドセンスの審査に通過する為に気にしなくても良いポイント

様々なブログでグーグルアドセンスに合格する為のポイントをまとめていますが思っていたより要らない事が多くて意外と審査はシンプルなんだと思います。
赤い太文字は私が合格した時の状況です。

アクセスは無くても問題ない

殆どアクセスがない状態でアドセンスの審査に合格している人が居るのでブログのアクセスは気にする必要はないです。
私の場合は1日700PVぐらいでした。

記事数は少なくても問題ない

5記事で受かったと言う情報があるのでこれも気にする必要なし
私の場合は20記事ぐらいでした。

有料テンプレートは要らない

有料テンプレートや見た目の華やかさが必要と書いているブログもありますが必要ないです。
私は無料テンプレートです。

カテゴリーの数は関係ない

一つのカテゴリーの中の記事数が少ないと駄目との話ですがこれも関係ないです。カテゴリーの中が1記事ばかりになっても受かっている人はいました。
私も結構一つのカテゴリーに集中していたけど特に問題なかったですね。

画像は貼っていても問題ない

画像を使うのは問題ないのです。
著作権に違反しない画像で著作権フリーの画像は使うように気を付けていました。

他の広告を貼っていても問題ない

アドセンス以外の広告を全て外したと言う方が居ましたがその必要はないです。
私はアマゾン、楽天、A8の広告を全ての記事に貼っていたので問題ないです。

プライバシーポリシーは必要ない

プライバシーポリシーはなくても受かった人がいました。
私は何となく最初から付けていました。

お問い合わせフォームは必要ない

お問い合わせフォームもなくても受かった人がいました。
私は何となく最初から付けていました。

グーグルアドセンスの審査に必要だと思うポイント

独自ドメインが必要とかアドセンスポリシーに引っかかるとか超基本的な内容は置いておきます。

記事の独自性と文字数

同じ様な記事が検索エンジン上に沢山羅列されてもグーグルの検索エンジンにはメリットがありませんので他のサイトと違った独自の内容が必要だと思います。

独自の内容と言われると難しいと感じるかもしれませんがレビュー記事ですと人によって違う目線で書けるので人と違った目線の感想などでもいいです。

文字数は最低1000文字は欲しいですが厳格には文字数と言うより内容で独自性のある濃い内容で記事を書くと1000文字ぐらいは意外とすぐ行くのでそれ以下だと独自性のある濃い内容が書けていないと思います。

話が少し逸れますが現在終了しているサービスでヤフーカテゴリーに登録させると物凄いアクセスが来るので皆、ヤフーカテゴリーに登録する事に必死になっていた時代がありました。

ヤフーカテゴリーに登録はグーグルアドセンスに合格するより難関で無料で審査して貰えますがお金を払って審査して貰っても落ちるぐらいです。

私も必死になって色々やった所3つのサイトをヤフーカテゴリーに登録させる事に成功しました。

ここでも重要だった事はサイトの独自性です。

ヤフーカテゴリーの登録は他のサイトにない物を求めてきます。審査する人は人間なので同じ様な内容のサイトだと独自性もなく新鮮さもないので落とされてしまいます。

グーグルアドセンスも求めている物は同様だと思います。

記事が人の役に立つ事

これはどのサイトにも書いてある事なのですが私も同意です。

例えば、『今日のご飯は〇〇でカレー食べた』とかでもその〇〇のカレーに関係する為になる情報を書けば立派な独自性のある記事になります。

日常の日記は駄目だと言う人もいますが役に立つ事ならいいと私は良いと思います。

実体験に勝るものはないですからね。

グーグルも慈善事業でグーグルアドセンスをやっている訳ではありません。

人の役に立つ記事→悩みを解決する→それに関連する広告が表示→グーグルアドセンスに広告費が入ると言う流れが出来るのでグーグル的には役に立つ記事を書いているサイトにグーグルアドセンスを掲載して欲しい訳です。

その為に昔よりグーグルアドセンスの審査が厳しくなっているのだと思います。

グーグルアドセンスに審査依頼~合格するまでの流れ

私は元々アドセンスは考えてなくてアマゾンと楽天を中心に成果報酬型の広告を貼っていく形で記事を書いていこうと思っていたので審査依頼した時には記事数は少なかったのですが検索エンジンにも多少評価され上位に表示される記事がちらほら出ている状態でした。

なので『上位表示されている記事もあるし1発で受かるでしょ』と簡単な気持ちで審査依頼してみました。

1~2回目

取り敢えず5記事でも受かるとの情報があったので10記事ぐらいで審査依頼をした所



1回目の不合格のお知らせがきました。

不合格になった人は大体の人が貰っているこれ

Googleのポリシーに準拠していないサイトが理由でした。

記事数が足りないのかと思い2回目は19記事前後で送りました。

2回目の不合格はコンテンツが複製されているサイトが理由でした。

『はぁぁぁぁぁぁぁぁ????』

別に記事をパクっている訳でもないので意味が分かりません。

私のブログの最初の記事はカップラーメンレビューが多く記事の内容がカップラーメンの基本情報、画像付きのレビューでした。

なので目次が商品名以外はほぼ同じだったので全部の目次を変更してみました。

そして三回目のトライです。

3回目

3回目の不合格もまたコンテンツが複製されているサイトが理由でした。

『んー謎。何が駄目なのか全く分からない』

グーグルアドセンスの再審査に受かる為には駄目な記事は消すと言う方法がググったら出てきたのですが私の稚拙ながら精魂込めて書いた記事を消すなんてありえないと記事の削除は止めました。

4回目

3回目の審査から追加した記事がこれ

あなたは父親の誕生日プレゼントに何を送ったら喜ばれましたか?

だけです。

取り敢えず父親の誕生日プレゼントに困っている人向けの悩みを解消する記事を書いてみたら



あっけなく合格のメールが来て唖然としました。

グーグルアドセンスの審査に関してのハラス的考察

ここまでグーグルアドセンスに合格する為の記事を書いたつもりですが参考にならなかったかも知れません(笑)

コンテンツをパクッてないのにコンテンツが複製されているサイトと言われ困惑しましたし、カップ麺のラーメンのレビューでカロリーとか値段とか基本的な情報はどのカップラーメンでも必要なのでそこをコンテンツ複製と言われたらどうしようもないと思いましたね。

そこで考えたのが複数で審査しているはずだから私の記事を認めてくれる審査員に当たれと中の審査する人のせいにしました(笑)

強引にまとめますが人の役に立つ独自性のある記事を書き続けてればいつかグーグルアドセンスに合格すると思います。

動画・漫画大好きな人向け

スポンサーリンク